森澄さんは気になるようです

思ったことを書いていきます

「不細工」と「ブス」の違いがよく分からない件について

 

私は自他共に認めるほどの不細工です。多分外面的不細工だと思います。

 

私はよく周りから「不細工だよね」や「本当にブスだな」など言われます。

高校時代には違うクラスの女子が私の顔を見た瞬間逃げたこともありましたし、数年前に付き合っていた彼女(交際期間約4年)からもよく言われてました。

そんな私とよく付き合っていられるなといつも思っていましたが・・・。

 

それはさておき「不細工」と「ブス」どっちも言われ続けられるうちに「不細工とブスの違いとは何なのだろうか」と疑問を抱くようになりました。

これを機に「不細工」と「ブス」についてを知っておこうと思います。

 

「不細工」、「ブス」の意味

・不細工

不細工(ぶさいく)とは容姿が醜い様子を示す。

・ブス

不細工と同じく容姿が醜い様子を示す模様。違いとすれば主に女性に対して用いられる。

※男性であれば「ゲス」や「ブ男」な模様。

 

「不細工」、「ブス」の語源について

・不細工

不細工に関しては特に語源はない模様。漢字を見る限り出来の悪い工芸品等から生まれた言葉だと思われる。

・ブス

ブスは附子と書き、トリカブトの塊根または支根をとって乾かした生薬を意味した

附子は主に強心剤・鎮痛剤として用いられたが、猛毒を含んでおり、弱毒処理をせずに飲むと麻痺してしまう。

附子の猛毒に苦しみ、麻痺したときの凄まじい顔をブスと呼ぶようになったと言われる。

※諸説あるようです

との事です。

 

※上記ついては、

不細工 - Wikipedia

zokugo-dict.com

を参考に書かせていただきました。

 

まとめ

 

以上、上記に記載したの事を踏まえて考えてみると、

・意味としては「不細工」と「ブス」同じ意味な模様。

・違いとしては「不細工」は男女共用、「ブス」は女性が対象。

・男性に使うのであれば「ブス」ではなく「ゲス」や「ブ男」な模様。

以上の事が考えられます。

もし使われるときは少し気を付けるといいかもしれませんね。

私は使う側ではなく使われる側ですが・・・

 

今回はとても勉強になりました。

時々疑問を抱くことがあるのでこうしてブログでまとめていきたいと思います。